ローソファーのデザイン

ローソファーにもさまざまな種類があるのをご存知でしょうか。まずはどういったタイプのデザインがあるのかをご紹介します。それぞれに魅力があるので、自分のスタイルに合ったタイプのソファーを見つけてみて下さい。

連結タイプのコーナー型ローソファー

ソファーは室内にラグジュアリーな雰囲気をもたらしてくれますが、存在感がある家具の一つということで、デザインによっては室内全体を狭く見せてしまう要因にもなりがちです。特に複数名が座れるタイプはかなり…

詳細はこちら

おひとり様用ローソファー

最近は生涯結婚しない人も増え、おひとり様でも楽しめるサービスや商品が人気があります。おひとり様用ローソファーも、まさにそんなおひとり様でも楽しめる商品の1つです。特に自宅という空間は、自分1人でリ…

詳細はこちら

一家団欒におすすめ!ローソファー

ローソファーは低いソファーのことで、子供やお年寄りでも安心安全に使用することができます。おしゃれなインテリアアイテムとしても人気です。

背中を支えてくれるハイバックタイプ

ハイバックタイプのメリット

ローソファーとは床に近い座面の低いソファーのことを言います。ローソファーと一言で言ってもその種類は様々なものがあり、コーナータイプやカウチタイプ、セパレートタイプなどのものがあります。 その他のタイプとしてあげられるのが、背中を支えてくれるハイバックタイプのもので、これは背もたれの部分が高くなっており頭までしっかり支えてくれます。 コーナータイプなどのローソファーの場合背中から肩までしか支えられませんが、ハイバックタイプであれば全身をソファーにに委ねることができ背中が安定するためゆったり寛ぐことができます。 ローソファーであれば背もたれの部分が高いハイバックタイプであっても圧迫感がないというのもメリットです。

ハイバックタイプの選び方

ローソファーのハイバックタイプは圧迫感があまりないと言っても、サイズはしっかり測って選ぶことが重要です。通常のローソファーよりも高さがあるため、横のサイズと奥行きのサイズを測ってから購入していきます。 横のサイズは使用目的によって選んでいきます。家族で使う場合には人数分座れるサイズのものを選び、祖父母のために購入するなら二人用にするなどの目的に沿って選びます。 奥行きは、座り心地を重視するか部屋の広さを重視するかによって変わります。ゆったり座りたいという場合には奥行きが広めのサイズのものを選び、部屋のスペースを確保したい場合には奥行きが狭いサイズのものを選びます。ただし、奥行きが広めのサイズのものを選ぶと立ち上がりにくいため注意が必要です。

ローソファーを選ぶ時のポイント

圧迫感が少なく、空間を贅沢に使用できるローソファー。そのメリットは?デメリットは?注意点など気になりますよね。購入前にチェックしたいポイントをお伝えします。リラックスする空間だからこそ、後悔しないものを選ぶための参考にしてくださいね。

ローソファーのメリット

ローソファーはソファー自体の高さが低いです。部屋に置いたとき一般のソファーよりも壁などの見える部分が多くなるので、室内が広く見えます。ソファーは部屋に置く家具の中でも大きいものなので、ローソファー…

詳細はこちら

ローソファーのデメリット

ローソファは座面が低いので小さな子供やペットにとっても安全ですし、部屋を広く見せる効果があるため、購入を検討している人も多いのではないでしょうか。しかし、ローソファを購入する時はメリット面ばかりで…

詳細はこちら

購入後の注意点

ローソファーは、地面に近い場所に座ることになるのでリラックスできると大変人気を集めています。家具店に行くと、様々なカラー、デザインの商品がたくさん販売されていますよね。ただ購入後はいつでもきれいな…

詳細はこちら