ローソファーのデメリット

ローソファが欲しい!デメリットのチェックも忘れずに!

ローソファは座面が低いので小さな子供やペットにとっても安全ですし、部屋を広く見せる効果があるため、購入を検討している人も多いのではないでしょうか。しかし、ローソファを購入する時はメリット面ばかりではなく、デメリット面についてもしっかり理解しておいた方が良いでしょう。ローソファのデメリットとしてまず挙げられるのが、座面が低いのでどうしても足を投げ出すような形で座ることになるという点です。ひとりでくつろぐ時や、気のおけない友人や身内が来た時なら問題ありませんが、大事なお客様をもてなす時には不向きかもしれません。また、座面が低いことで、ソファー下のスペースを有効に使えないという点もローソファのデメリットと言えるでしょう。

自分に合ったローソファの選び方

自宅を訪れるのは友人や身内ばかりという人や、もともと物が少ないのでソファ下のスペースを使う必要がないという人は、ローソファのデメリット面をあまり気にせずに購入しても大丈夫ですが、ローソファによって座面の高さや材質、サイズなどが異なるため、家族構成や部屋の広さ、主な使い道に合わせて選ぶ必要があります。大きなローソファはゆったり座れますが、狭い部屋には置くことができませんし、ペットを飼っている場合は、高価な本革素材のローソファだとすぐにボロボロにされてしまうことがあるので注意が必要です。また、似たようなローソファでも購入する店舗によって価格が大きく異なることがあるので、よく比較した上でローソファを選ぶようにすると良いでしょう。

畳にローソファーを置くことのメリットとしては、和風モダンな雰囲気を演出することが出来る、足を伸ばして座ることが出来るリラックス空間が生まれるなどがあります。